OCN光 光回線

OCN光はOCNモバイルユーザーにおすすめの光回線!料金プランや通信速度を元販売員が徹底解説

管理人クッキー

OCN光は「OCNモバイルユーザー」におすすめの光回線です。

大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンクのスマホユーザーにOCN光はおすすめできません。

なぜならOCN光は「大手キャリアのスマホとのセット割がない」からです。

セット割とは?

セット割とは特定の組み合わせでスマホと光回線を契約することで毎月スマホ料金から割引されるサービスです。

この記事では「OCN光がOCNモバイルユーザーにおすすめの理由」や「OCN光の基本情報」を徹底解説しています。

後半の方ではあなただけに合った【光回線の選び方も解説しています。

この記事を見ることでOCNモバイル以外を利用している人も「あなたに合った最適な光回線」を見つけることができます。

この記事がおすすめの人

  • OCN光への乗り換えを検討している人
  • OCN光の基本情報が知りたい人
  • 自分に合った光回線を見つけたい人

※この記事は総額表示に対応しています。

まずはOCN光の基本情報をチェックしていきましょう↓

OCN光の基本情報詳細
契約期間2年間
事務手数料3,300円
戸建て月額料金5,610円
マンション月額料金3,960円
キャッシュバック額最大40,000円(NNコミュニケーションズの場合)
スマホセット割OCN光モバイル割220円割引
工事費最大19,800円
解約金11,000円

今ならNNコミュニケーションズのキャッシュバックキャンペーンで現金40,000円が手に入ります。

\最大40,000円キャッシュバックキャンペーン実施中/

OCN光をお得に始める

Wi-Fiルーターがもらえる!

ゲーム好きの方は代理店BIGUP株式会社から申し込むことで任天堂switchが手に入ります。( 開通翌月末に発送 )

ゲーム好きの方はぜひこの機会に任天堂switchをゲットして好きなゲームをプレイしましょう↓

\ゲーム好き必見/

Nintendo Switchをゲットする

開通翌月末に発送

OCNモバイルユーザーにOCN光がおすすめの理由

OCNモバイルユーザーにOCN光がおすすめの理由はずばり「安いから」です。

光回線を選ぶときの判断基準として多くの人は以下2つの基準で選ぶと思います。

  • 通信速度の速さ
  • 月額料金の安さ

通信速度に関してはどの会社も改善されているので一般的な使い方であればどの光回線を選んでも問題なく使うことができます

そのため「光回線は月額料金の安さで選ぶべき」と言っても過言ではありません。

光回線の月額料金が安いかどうかはセット割の有無によって大きく異なります。

スマホのデータプランによってセット割の割引額は異なりますがほとんどのプランで1,100円以上割引されます。

セット割を適用した場合、家族4人で計算すると年間52,800円もお得になる計算です。

スマホを安くする上でセット割は必須なので必ずセット割が付く組み合わせで光回線を選びましょう

光回線の正しい選び方はセット割がある組み合わせを選ぶこと!

セット割が付くスマホと光回線の組み合わせは以下の通りです。

スマホ光回線セット割
au
  • コミュファ光
  • eo光
  • auひかり
  • ビッグローブ光
  • ソネット光プラス
  • auスマートバリュー
  • auセット割
ソフトバンク
  • NURO光
  • ソフトバンク光
おうち割
ドコモドコモ光ドコモ光セット割
BIGLOBEモバイルビッグローブ光光SIMセット割
UQmobileビッグローブ光ギガMAX月割
OCNモバイルOCN光OCN光モバイル割

上記の図の通りOCN光はOCNモバイルとの組み合わせでのみセット割があります。

「OCN光+ドコモスマホ」や「OCN光+auスマホ」の組み合わせではセット割が適用できません。

そのためOCN光はOCNモバイルユーザーにおすすめの光回線です。

でもOCN光モバイル割の割引額220円って低すぎないですか?

大手のセット割の方がお得な気がします。

助手マシュマロ
管理人クッキー

確かに月額220円割引は安く感じますよね。

結論から言うと「大手の光回線+大手のスマホ+セット割」よりも「OCN光+OCNモバイル+OCN光モバイル割」の方が安いです。

例として「ドコモ光+ドコモスマホ」の組み合わせと比較していきます。

 ドコモ光+ドコモスマホOCN光+OCNモバイル
光回線の月額料金(戸建ての場合)ドコモ光5,720円OCN光5,610円
スマホの月額料金6,765円(ギガライト7GBの場合)1,760円(10GBコースの場合)
セット割の割引額-1,100円-220円
月額合計11,385円7,150円

表の補足

  • 料金プランのみの比較のため端末代金は含まれていません。
  • 上記OCNモバイルの料金は音声対応SIMカードの料金なので通信だけでなく通話も問題なくできます。
  • 通話料は「ドコモスマホ」「OCNモバイル」共に別途かかります。

上記の図の通り「ドコモ光+ドコモスマホ」の場合はセット割の1,100円割引が適用されたとしても月額11,385円もかかります。

一方「OCN光+OCNモバイル」の場合3GB多く使えるにもかかわらず月額7,150円で利用できるので月額4,235円も安いです。

2年契約した場合 「ドコモ光+ドコモスマホ」 と 「OCN光+OCNモバイル」 の総差額は101,640円にもなります。

管理人クッキー

大手のセット割の方が割引額が大きいからと「ドコモ光+ドコモスマホ」 を選んでしまうとOCN光と比較した場合2年間で10万円以上も損をしてしまいます。

OCNモバイルについて詳しく知りたい方はこちらから↓

OCNモバイル公式サイト

OCN光とOCNモバイルの組み合わせが安いことは分かりました。

でもOCN光の通信速度って大丈夫なんですか?

助手マシュマロ
管理人クッキー

結論から言うと「OCN光+OCNモバイル」の組み合わせで問題なく利用できます。

ドコモと比較しながら解説をしていきます。

光回線の比較平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
ドコモ光20.55ms255.45Mbps198.02Mbps
OCN光19.97ms268.27Mbps194.5Mbps

みんそくより調査。

上記の図の通りドコモ光よりもOCN光の方が平均ダウンロード速度速度が速いです。

平均Ping値においてもOCN光の方が優れています。

Ping値とは?

Ping値とはデータの応答速度にかかる時間を数値で表したものです。

数値が小さいほどタイムラグが少なく快適に通信ができます。

Ping値が大きいとゲームの場合、ボタンを押して攻撃したのにかわされたり、相手の攻撃をかわしたはずなのに当たったりといった「ラグ」が起きます。

Ping値の値が小さいほどラグも小さくなるので快適に通信をすることができます。

自宅ではWi-Fi環境でインターネットを利用する人が多いと思いますがOCN光の通信速度なら十分快適に利用できます。

一方スマホの場合は下記の図の通り「平均Ping値」「平均ダウンロード速度」「平均アップロード速度」全ての項目において「NTTドコモ」の方が優れています。

スマホの比較平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
NTTドコモ53.37ms171.41Mbps18.67Mbps
OCNモバイル54.45ms41.81Mbps9.38Mbps
管理人クッキー

ではOCNモバイルは使えないほど遅いかというとそんなことはありません。

用途別に必要な通信速度をまとめました↓

用途快適に使える速度
メールの送受信やウェブサイトの閲覧1Mbps
ビデオ通話やSNSの写真投稿、YouTube720pの視聴3Mbps
YouTube1080pの視聴5Mbps
4k動画の視聴25Mbps
スマホのオンラインゲーム10~30Mbps
PCのオンラインゲーム30~100Mbps

上記の図の通りスマホの場合、最も通信速度が必要なオンラインゲームでも10~30Mbpsあれば十分です。

OCNモバイルは平均ダウンロード速度が40Mbpsを超えているので快適に利用できることが分かります。

以上まとめると「ドコモ光+ドコモスマホ」と「OCN光+OCNモバイル」はどちらも必要最低限の通信速度があります

しかし、2年間利用した場合「OCN光+OCNモバイル」の方が総額101,640円お得になります。

必要最低限の通信速度があり、なおかつ安い光回線を利用したい人には「OCN光+OCNモバイル」の組み合わせがおすすめです。

ドコモ光はドコモユーザーにおすすめの光回線ですが、決して速い光回線ではありません。

月額料金が高くてもいいからとにかく速い光回線を利用したい方は「速い光回線ランキング」を参考にして「光回線」と「スマホキャリア」をお選びください。

以上を踏まえてOCN光とOCNモバイルの契約を検討する方はこのままOCN光の基本情報をチェックしていってください。

他の光回線が気になる人は「光回線の選び方」の章を見ることであなたに合った光回線を見つけることが出来ますのでぜひ参考にしてみてください。

続けてOCN光について徹底解説していきます。

OCN光とは

OCN光とはNTTコミュニケーションズが運営する光コラボレーションサービスです。

光コラボレーションサービスとは?

光コラボレーションサービス、通称コラボ光とは簡単に言うと「フレッツ光回線を代わりに売るサービスモデル」のことです。

ドコモ光・ソフトバンク光・ソネット光プラス・ビッグローブ光・OCN光など合わせて全681社の光コラボレーション事業者が代わりにフレッツ光回線を販売しています。

各会社ごと細かいサービスの違いはありますが全て同じNTTのフレッツ光回線を共有して利用しています。

NTT東日本の光コラボレーション事業者一覧
NTT西日本の光コラボレーション事業者一覧

OCNといえば大手プロバイダのイメージがあると思います。

「OCN光 with フレッツ」というサービスを例に解説していきます。

 OCN光 with フレッツOCN光
利用する回線フレッツ光回線
フレッツ光回線
光回線の提供会社NTT東日本・西日本NTTコミュニケーションズ
プロバイダOCNOCN

上記の図の通り「OCN光 with フレッツ」と「OCN光」はどちらもNTTのフレッツ光回線を利用したサービスであり、プロバイダも同じOCNですが光回線を提供する会社が異なります。

別会社で契約しているので請求も2ヶ所から来ます。

確かに 「OCN光 with フレッツ」の場合だとネット接続に不具合があってもフレッツ光に連絡するべきかプロバイダに連絡するべきか分からない時があります。

助手マシュマロ
管理人クッキー

OCN光なら光回線とプロバイダをまとめて1ヶ所で契約できるので

  • 支払い管理が楽になる
  • サポートの連絡先で迷わない

といったメリットがあります。

OCN光の特徴

OCN光の特徴はずばり「Tier1ネットワーク」を保持していることです。

管理人クッキー

Tier1ネットワークについては解説しても理解しづらいのでTier1ネットワークを保持することでどんなメリットがあるのかを解説していきます。

結論から言うとTier1ネットワークを保持していることで通信が安定しやすいというメリットがあります。

ある目的地へ行くのにバスや電車、新幹線と様々な乗り物を乗り換えていく場合、「乗り換え時間がかかる」または「乗り換える途中で事故」などがあると到着時間が遅れたり、場合によってはたどり着けないことがあります。

しかし、目的地までヘリコプターで一っ飛びすれば乗り継ぎもなく、ダイレクトに目的地へ着くことができます。

「乗り換えがなくヘリコプターでダイレクトに目的地へ着くことができる」これがTier1ネットワークです。

Tier1ネットワークの下にはTier2ネットワーク、その下にはTier3ネットワークがあります。

Tier2ネットワークはTier1ネットワークを経由し、Tier3ネットワークはTier1ネットワークとTier2ネットワークを経由します。

Tier1ネットワークであれば乗り換えが無いので通信のラグが無く、事故もないので送信したデータが届かないといったこともありません。

そのためTier1ネットワークを持つOCN光は通信がとても安定しています。(通信の安定性と通信速度は異なります)

OCN光のメリットデメリット

OCN光には以下3つのメリットと1つのデメリットがあります。

※それぞれクリックすると解説へスキップします。

OCN光の提供エリア

OCN光はフレッツ光回線を利用したコラボ光なので提供エリアはフレッツ光と同じく日本全国です。

OCN光の詳しい提供エリアは下記ページより確認が出来ます。

NTT東日本の提供エリアを確認する

NTT西日本の提供エリアを確認する

上記のページで「フレッツ光ネクスト提供エリア内」と表示されればOCN光が使えます。

ただし、上記ページはフレッツ光ネクストの公式サイトなので誤って申し込まないようにご注意ください。

OCN光の通信速度

OCN光の最大通信速度は上り1Gbps・下り1Gbpsです。

ただし、OCN光はベストエフォート型サービスのため常に最大通信速度を出せるわけではありません。

ベストエフォート型サービスとは?

ベストエフォート型サービスとは「努力はするが保証はしない」サービスのことです。

最善の環境がそろえば理論上の最大通信速度が出ますが、様々な要因により「実際の通信速度」はもっと遅い通信速度になります。

ベストエフォート型サービスについてさらに詳しく知りたい方はベストエフォート型サービスの解説記事をご覧ください。

冒頭でも解説した通りOCN光の実際の通信速度は以下の通りです。

平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
19.97ms268.27Mbps194.5Mbps

下記の用途別に必要な通信速度表の通り最も通信速度が必要なPCのオンラインゲームでも30~100Mbpsあれば快適にプレイすることができます。

用途快適に使える速度
メールの送受信やウェブサイトの閲覧1Mbps
ビデオ通話やSNSの写真投稿、YouTube720pの視聴3Mbps
YouTube1080pの視聴5Mbps
4k動画の視聴25Mbps
スマホのオンラインゲーム10~30Mbps
PCのオンラインゲーム30~100Mbps

OCN光の平均ダウンロード速度は250Mbpsを超えているので普段使いであれば十分快適に利用できることが分かります。

オンラインゲームでは通信速度よりもPing値の方がより重要です。

Ping値の目安は以下の通りです。

数値体感検索・動画視聴RPG・MOBAなどのシミュレーションゲームFPS・TPSなどの対戦ゲーム
0〜15ms以下爆速
16〜30ms以下速い
31〜50ms以下普通××
51〜100ms以上遅い×××

OCN光のPing値は19.97msなので十分速い部類に入ります。

管理人クッキー

オンラインゲームをする方やプロゲーマーにもOCN光はおすすめの光回線です。

参考までにPing値が20未満の光回線をご紹介します↓

光回線Ping値
NURO光12.58ms
コミュファ光15.2ms
eo光17.3ms
ソフトバンク光17.84ms
auひかり19.3ms
ソネット光プラス19.54ms
ビッグローブ光19.92ms

※光回線の名前をクリックすると各解説記事へとびます。

続いてOCN光の料金プランについて解説していきます。

OCN光の料金プラン

月額料金

OCN光の料金プランはとてもシンプルで「2年契約プラン」と2年契約更新のない「標準プラン」の2つしかありません。

 2年契約プラン標準プラン
戸建タイプ5,610円6,820円
マンションタイプ3,960円
5,170円

多くの人が月額料金が安い2年契約プランを契約するので赤字の2年契約プランを見ていただければ問題ありません。

OCN光の解約金

OCN光の解約金は11,000円(不課税)です。

しかし、契約更新月の解約であれば解約金はかかりません。

10月に契約した場合の例だと↓

上記の図の通り24ヶ月目から26ヶ月目までの3ヶ月間は解約しても違約金がかからない契約更新月になります。

契約更新月を過ぎてしまうとまた2年更新が始まります。

そして2年後はまた契約更新月がきます。

2年契約はこの繰り返しになります。

OCN光のオプションサービス

OCN光の主なオプションサービスを解説していきます。

OCN光のオプションサービス一覧

  • OCNひかり電話
  • テレビオプション
  • OCNプレミアムサポート
  • マイセキュア
  • OCN V6アルファ

この他にもたくさんのオプションサービスがありますので詳しく見たい方はこちら からご覧ください。

それぞれ簡単に解説していきます。

OCNひかり電話

OCN光の固定電話サービスは「OCNひかり電話」と呼びます。

OCNひかり電話には基本プランとアドバンスプランの2つのプランがあります。

基本プラン

基本プランは月額550円で固定電話サービスが使えるプランです。

OCNひかり電話の通話料は以下の通りです↓

当て先通話料
固定電話へ8,8円/3分
携帯電話へ17,6円/1分
海外へ9円/1分

オプションに加入する場合はそれぞれのオプション料金がかかります。

アドバンスプラン

アドバンスプランとは無料通話分と以下6つのオプションが付いたプランです。

アドバンスプラン付属オプション

  • 発信者電話番号表示
  • 発信者電話番号通知リクエスト
  • 通話中着信
  • 転送電話
  • 迷惑電話お断り
  • 着信お知らせメール

無料通話分は月額528円分あり、余った分は翌月へ繰り越すことが可能です。

基本プランの月額550円と無料通話分の528円と6つのオプションの合計金額は2,948円ですが、アドバンスプランに申し込むことで1,298円割引月額1,650円で利用することができます。

OCNひかり電話のオプションサービス

OCNひかり電話の付属サービスは10種類あります。

サービス内容と単体加入した場合の月額料金を解説していきます。

サービス名内容月額料金
発信者電話番号表示かかってきた電話番号をディスプレイに表示する。440円
発信者電話番号通知リクエスト非通知でかけてきた相手に通知をするよう自動音声で伝える。220円
迷惑電話お断りかかってきた迷惑電話を「迷惑電話リスト」に追加することで以降の着信を「この電話はお受けできません。ご了承ください」と自動メッセージで応答する(30件まで登録可)220円
通話中着信通話中に着信があった際に前者との通話を保留にしたまま後者と通話ができる330円
着信お知らせメール着信があった際にあらかじめ指定したメールアドレスへメールで知らせる110円
転送電話かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送する550円
ダブルチャネル1つの電話番号で2回線分の通話ができる(電話とFAXを同時に利用したり、2世帯住宅や店舗兼住宅での利用に便利)220円
マイナンバーOCNひかり電話の契約番号+追加4電話番号の最大5つの電話番号が利用できる110円
FAXお知らせメールFAXがあった際にあらかじめ指定したメールアドレスへメールで知らせる110円/1番号
ダイヤル#と4桁の数字で電話を受けることができる(短縮ダイヤル番号が利用できる)11,000円/ダイヤル番号ごと

上記の図の上から6つの赤字のサービスがアドバンスプランに含まれているサービスです。

OCN光のテレビサービス

OCN光のテレビサービスはアンテナ要らずで地デジやBS、CSデジタル放送が楽しめるサービスです。

提供エリアは以下の通りです。

OCN光テレビの提供エリア

北海道、新潟、福島、栃木、群馬、茨城、東京、神奈川、千葉、埼玉、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、広島、福岡、和歌山、奈良、滋賀、岐阜、三重、岡山、香川、徳島、佐賀の各一部地域。

月額利用料金は「テレビオプション伝送サービス利用料」の495円と「テレビ視聴サービス利用料」の330円を足して月額825円です。

工事費は以下の図の通りです。

 自分で接続する場合の工事費テレビ1台の工事費テレビ4台までの工事費
テレビオプション伝送サービス工事費3,300円3,300円3,300円
テレビ視聴サービス登録料3,080円3,080円3,080円
屋内同軸配線工事0円7,150円21,780円
合計6,380円13,530円28,160円

※料金は一例です。実際の料金は配線工事をするテレビの台数や設備状況により異なります。

上記の図の料金はOCN光と同時に申込んだ際の工事費です。

テレビオプションを単独で申し込む場合、「テレビオプション伝送サービス工事費」は8,250円になります。

OCNプレミアムサポート

OCNプレミアムサポートとはPC、スマートフォン、タブレットや周辺機器に関する悩みをリモートサポートで解決してくれるサービスです。

 OCNプレミアムサポートforスマートフォンOCNプレミアムサポート
月額料金429円660円
サポート対象スマートフォン1台PC・スマートフォン・タブレットや周辺機器(台数無制限サポート)
有料サービスオンラインレッスン(1レッスン2,970円)
  • オンラインレッスン(1レッスン2,970円)
  • ウイルス駆除サポート(1回あたり5,500円)

上記の図の通りスマートフォンのみ対応プランと周辺機器全部対応プランの2つのプランがあります。

PCの細かい設定方法やフリーズ・エラーなどのトラブル、キーボードやプリンタ・デジタルカメラについてもサポートしてくれます。

サポート範囲外のものについては下記サイトよりご確認ください。

マイセキュア

マイセキュアとは総合セキュリティソフトです。

個人情報の保護や偽サイトのブロック・不正アプリの阻止などインターネットを安全に利用できるサポートをしてくれます。

また、フィルタリングやアプリ利用制限・アプリ使用時間制限機能もあるのでお子様のスマホデビューをしっかりとサポートしてくれます。

1台の月額料金5台までの月額料金
275円550円

上記の図の通りプランは2つあります。

1台のみ利用する場合は月額275円で、2台以上利用する場合は月額550円です。(最大5台までサポート)

OCN v6アルファ

OCN v6アルファとは以下の3つをセットにして月額550円で提供するサービスです。

  • ルーターレンタル
  • ネットセキュリティサービス
  • 訪問&遠隔サポート

それぞれ解説していきます。

ルーターレンタル

OCN v6アルファに申し込むことでIPoE接続に対応したWi-Fiルーターがレンタルできます。

IPoE(アイピーオーイー)とは

IPoEとは簡単にいうと通信速度が速い新しい接続方式です。

古い接続方式はPPPoE(ピーピーピーオーイー)と呼ばれ、通信速度が遅いです。

IPoEとPPPoEの違いについて詳しく知りたい人は「PPPoEとIPoEの違い」の解説記事をご覧ください。

ネットセキュリティサービス

ネットセキュリティサービスには以下3つの制限サービスと3つのブロックサービスが含まれます。

3つの制限サービス

  • Webサイトカテゴリ制限
  • アプリカテゴリ制限
  • インターネット利用時間制限

3つのブロックサービス

  • 有害なWebサイトをブロック
  • 有害脆弱性を悪用する攻撃のブロック
  • デバイスの不正アクセスをブロック

訪問&遠隔サポート

訪問サポートはスマートフォンやテレビなどの周辺機器をインターネットにつなげるための設定を訪問スタッフがサポートしてくれます。

遠隔サポートは「レンタルルーターのインターネット接続設定の確認及び初期化」「接続機器の登録」「接続機器のセキュリティ設定および制限設定のパラメーター設定」を遠隔でサポートしてくれます。

OCN光でWi-Fiルーターを利用する4つの方法

無料でWi-Fiルーターのレンタルができる光回線が多い中、OCN光は有料でWi-Fiルーターをレンタルする必要があります。

とはいえWi-Fiルーターを手に入れる方法はたくさんあるので今回は以下4つの方法を解説していきます。

 メリットデメリット
機器レンタル(月額サービス)短期間の利用であれば最も安い

通信速度が遅い可能性がある

OCN v6アルファ(月額サービス)セキュリティサービスや遠隔サポートがセットで利用できる

長期間利用すると高い

代理店キャンペーンWi-Fiルーターがタダでもらえるキャッシュバックが減る
自分で購入選べるので失敗しない手間がかかる
管理人クッキー

上記の図の通り各方法にメリットデメリットがあるのであなたに合った方法でWi-Fiルーターを手に入れてください。

以下詳しく解説していきます。

機器レンタル

光サービスメニュー東日本エリア西日本エリア
1G月額330円月額110円
200M/100M月額110円

上記の図の通りOCN光の「機器レンタル」を利用する場合、東日本の1Gタイプのみ330円かかりますが、それ以外の地域と速度タイプでは月額110円でレンタルすることができます。

ただし、レンタルできる機器の性能が低い可能性があります。

どの機器がレンタルできるかはOCN光公式サイトでも述べられていません。

OCN光はコラボ光なのでフレッツ光でレンタルされている機器とほとんど同じ性能の機器が送られます。

50種類以上のWi-Fiルーターがありますが、中にはIPoE通信に対応していないWi-Fiルーターもあります。

どのWi-Fiルーターが送られてくるかは完全にランダムです。

そのため確実にIPoE接続がしたい人にはおすすめしません。

通信速度が多少遅くてもいいから短期間のみネット環境が必要な人に「機器レンタルサービス」はおすすめです。

OCN v6アルファ

オプションサービスの章でも解説した通り「OCN v6アルファ」に申込むとIPoE接続できるWi-Fiルーターをレンタルすることができます。

しかし、IPoE接続できるWi-Fiルーターだけが欲しい場合は「OCN v6アルファ」はおすすめしません。

「OCN v6アルファ」の利用料は月額550円で2年間利用した場合13,200円になります。

IPoE接続できるWi-Fiルーターの相場はピンからキリまでありますが、10,000円以下でも十分性能の良いWi-Fiルーターが購入できます。

OCN v6アルファのメリットはネットセキュリティサービスや各種サポートが付いていることです。

IPoE接続だけでなく同時に各種サポートも一緒に受けたい人に「OCN v6アルファ」はおすすめです。

代理店キャンペーン

代理店窓口から申し込むことでIPoE接続対応のWi-Fiルーターをもらうことができます。

しかし、Wi-Fiルーターがもらえるキャンペーンを選ぶ場合、もらえるキャッシュバック金額が下がります。

キャッシュバックを全額もらいたい人は他の方法でWi-Fiルーターを手に入れましょう。

代理店キャンペーンでIPoE接続対応Wi-Fiルーターをゲットするメリットはずばり、「買う手間が省けること」と「長期間の利用で得する」ことです。

長期間の利用で損をしたくない、なおかつ自分で選んで買うのが面倒くさいと感じる人には代理店キャンペーンでIPoE接続対応Wi-Fiルーターをゲットするのをおすすめします。

自分で購入する

自分でネットや量販店に行って購入するメリットはずばり、「値段と性能に満足できるIPoE接続対応Wi-Fiルーターを手に入れられる」ことです。

しかし、選ぶ時間や行く時間がかかるので忙しくて時間を作れない人にはおすすめしません。

じっくり比較しながら最も納得できる買い物がしたい人には自分でIPoE接続対応Wi-Fiルーターを購入するのをおすすめします。

OCN光の工事

OCN光はNTTのフレッツ光回線を利用したコラボ光なので、フレッツ光やコラボ光からOCN光へ変える場合は転用扱いになりそもそも工事が発生しません

一方新規でOCN光を契約する場合、もしくはauひかり・NURO光からOCN光へ乗り換える場合は工事が発生し工事費がかかります。

タイプ別工事区分工事費一括(分割)
戸建てタイプ派遣工事あり屋内配線を新設する場合19,800円(「初回3,300円」+「2回目以降550×30回」)
屋内配線を新設しない場合8,360円(「初回1,760円」+「2回目以降220円×30回」)
派遣工事なし2,200円
マンションタイプ派遣工事あり屋内配線を新設する場合16,500円(「初回3,300円」+「2回目以降440円×30回」)
屋内配線を新設しない場合8,360円(「初回1,760円」+「2回目以降220円×30回」)
派遣工事なし2,200円

上記の図の通り工事が発生する場合配線を新設するかどうかで工事費が異なります。

工事費の支払方法は一括払いと分割払いから選ぶことが出来ます。(分割払いの途中で残金を一括払いに変更可)

派遣工事なしの工事費2,200円は一括払いのみになります。

管理人クッキー

ここまでがOCN光の解説記事です。

OCN光以外の光回線が見たい方は次章の光回線の選び方を見ることであなただけに合った光回線を見つけることができます。

光回線の選び方

ここからはあなただけにあった光回線の選び方を徹底解説していきます。

「人それぞれみんな違うのに私だけに合った光回線なんて本当にあるの?」と疑問に思われると思います。

冒頭でも解説した通りどのキャリアのスマホを利用していたとしても「セット割が付く光回線を選ぶ」のが最もお得な選び方です。

セット割が付くスマホと光回線の組み合わせは以下の通りです。

スマホ光回線セット割
au
  • コミュファ光
  • eo光
  • auひかり
  • ビッグローブ光
  • ソネット光プラス
  • auスマートバリュー
  • auセット割
ソフトバンク
  • NURO光
  • ソフトバンク光
おうち割
ドコモドコモ光ドコモ光セット割
BIGLOBEモバイルビッグローブ光光SIMセット割
UQmobileビッグローブ光ギガMAX月割
OCNモバイルOCN光OCN光モバイル割
管理人クッキー

上記以外の組み合わせで選んでしまうとセット割が適用されず損をしてしまうので必ず上記の組み合わせから光回線を選びましょう。

ここからは速い光回線ランキングと安い光回線ランキングを紹介していきます。

これから乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

速い光回線ランキング

速い光回線を利用したい方は速い光回線ランキングを参考にしてセット割が組める光回線を選んでいきましょう。

速さ順位光回線名セット割のスマホ会社平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
1位NURO光ソフトバンク12.25ms482.88Mbps424.3Mbps
2位コミュファ光au15.3ms459.5Mbps288.27Mbps
3位eo光au17.51ms458.66Mbps313.79Mbps
4位auひかりau18.5ms378.47Mbps310.33Mbps
5位ソフトバンク光ソフトバンク17.73ms303.74Mbps200.5Mbps
6位So-net光プラスau18.51ms303.53Mbps225.37Mbps
7位フレッツ光ネクスト×20.84ms267.49Mbps198.96Mbps
8位OCN光OCNモバイル19.78ms267.48Mbps194.2Mbps
9位ビッグローブ光au20.38ms257.5Mbps202.67Mbps
10位ドコモ光ドコモ20.58ms254.07Mbps197.27Mbps

みんそくより調査

管理人クッキー

上記のランキングは平均ダウンロード速度ランキングです。

上記の図の通り、平均Ping値・平均ダウンロード速度・平均アップロード速度の三項目全てにおいてNURO光が1位と圧勝です。

2位のコミュファ光は平均ダウンロード速度だけでなく、平均Ping値も2位なのでリアルタイムの通信に向いています。

お持ちのスマホがソフトバンクならNURO光を、スマホがauならコミュファ光を選ぶのがおすすめです。

安い光回線ランキング

最低限の速さは欲しいけどとにかく安い光回線を利用したい方は安い光回線ランキングを参考にしてセット割が組める光回線を選んでいきましょう。

ここで大事なのは料金プランの金額ではなく実際にかかる金額です。

管理人クッキー

いくら料金プランが安くてもキャッシュバック金額が低ければ還元額は低いですし、逆に料金プランが高くても多くのキャッシュバックがもらえれば実際にかかる金額は少ないです。

そこで以下2つの値から料金ランキングを作りました。

  • 契約期間中にかかる月額料金の合計からキャッシュバックキャンペーンを引いた実際にかかる料金(総支払額)
  • 総支払額÷契約期間=平均月額料金
管理人クッキー

光回線によって契約期間は異なりますが、平均月額料金が分かれば比較しやすいと思います。

※セット割の割引はスマホの料金から割り引かれるため月額料金の計算に入れていません。(セット割を適用することでスマホ料金はさらに安くなります)

前提条件

  • セット割の条件として光電話の加入が必須のため、戸建て・マンション共に光電話の基本料金も含めて計算しています。
  • マンションタイプはモデムレンタルプランで計算しています。
  • 全て1Gタイプの料金プランで計算しています。
  • 全光回線最もお得なキャッシュバック額で計算しています。
  • 工事費はキャンペーンにより0円になる光回線が多いので計算に入れていません。

戸建タイプとマンションタイプそれぞれ該当する方をご覧ください。

戸建タイプ料金ランキング

安さ順位光回線名セット割のスマホ会社契約期間総支払額平均月額料金
1位NURO光ソフトバンク2年93,408円3,892円
2位OCN光OCNモバイル2年94,640円3,943円
3位eo光au2年101,888円4,245円
4位コミュファ光au2年104,430円4,351円
5位auひかりau3年156,800円4,355円
6位ソフトバンク光ソフトバンク2年113,480円4,728円
7位ビッグローブ光au3年182,008円5,055円
8位So-net光プラスau3年184,176円5,116円
9位ドコモ光ドコモ2年130,480円5,436円

上記の図の通り戸建てタイプの場合、最も安い光回線はNURO光です。

NURO光は通信速度ランキングと月額料金ランキングで両方とも1位ってすごいですね。

助手マシュマロ
管理人クッキー

しかし、そんなNURO光にも提供エリアが狭いという弱点があるんです。

NURO光の提供エリアは2019年12月12日に北海道が追加され、さらに2021年6月1日に中国エリアの「広島」と「岡山」が追加され全国で21都道府県になりました。

NURO光の提供エリア

北海道エリア】
北海道

【関東エリア】
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】
広島県、岡山県

【九州エリア】
福岡県、佐賀県

提供エリアがどんどん増えているとはいえ、現状まだ日本全国の半分もありません。

管理人クッキー

NURO光が提供エリア外だった人は次に安いOCN光がおすすめです。

OCN光はコラボ光なので日本全国で利用することができます。

マンションタイプ料金ランキング

安さ順位光回線名セット割のスマホ会社契約期間総支払額平均月額料金
1位auひかりau3年62,520円2,605円
2位OCN光OCNモバイル2年63,040円2,626円
3位ソフトバンク光ソフトバンク2年76,520円3,188円
4位コミュファ光au2年77,650円3,235円
5位NURO光ソフトバンク2年93,408円3,892円
6位ビッグローブ光au3年142,408円3,955円
7位So-net光プラスau3年145,656円4,046円
8位eo光au2年97,560円4,065円
9位ドコモ光ドコモ2年98,800円4,116円

上記の図の通りマンションタイプの場合、最も安い光回線はauひかりです。

auひかりは提供エリアは広いですが場所によっては提供エリア外の部分もあります。

auひかりが提供エリア外だった人は2番目に安いOCN光をおすすめします。

OCN光は全国展開されているフレッツ光回線を利用したコラボ光なので提供エリアが広いのが特徴です。

管理人クッキー

次章では各スマホユーザーが選ぶべき光回線を徹底解説していきます。

各ユーザーが選ぶべき光回線

それぞれのスマホユーザーに最適な光回線があります。

ここからは各スマホユーザーが選ぶべき光回線とおすすめの申込窓口について詳しく解説していきます。

該当する箇所をご覧ください。

auユーザーが選ぶべき光回線

auユーザーが選ぶべき光回線はauスマートバリューが適用できる

  • eo光
  • コミュファ光
  • auひかり
  • ビッグローブ光
  • So-net光プラス

の5つがあります。

auスマートバリューとは

auスマートバリューとはauスマホと対象の光回線をセットで使うことでauスマホが割引になるサービスです。

割引額はauスマホのデータプランに応じて異なります。

詳しくは下記の表をご覧ください。

プラン名割引金額

ピタットプラン5G

ピタットプラン4GLTE

~1GBまで割引対象外
1GB~7GBまで月額550円割引

ピタットプラン5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)

~2GBまで割引対象外
2GB~20GBまで月額550円割引
使い放題MAX 5G ALL STARパック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G
タブレットプラン20
月額1,100円割引
管理人クッキー

auスマートバリューが適用できる5社の光回線の中で選ぶべき優先順位は以下の通りです。

戸建てタイプとマンションタイプに分けて見ていきましょう。

戸建てタイプの場合

通信速度と月額料金から判断すると戸建てタイプの場合、最もおすすめの光回線はeo光です。

おすすめ順光回線名
1位eo光
2位コミュファ光
3位auひかり
管理人クッキー

eo光とコミュファ光は通信速度はほぼ同じですが、2年間利用した場合eo光の方が2,542円安いため1位にしました。

「値段に大差がないなら通信速度が速い方が良い」という人はPing値が低いコミュファ光にするのもアリです。

とはいえeo光とコミュファ光はどちらも提供エリアが狭い光回線です。

提供エリア外だった方は次におすすめのauひかりを選びましょう。

マンションタイプの場合

マンションタイプの場合、最もおすすめの光回線は安さ順位1位のauひかりです。

おすすめ順光回線名
1位auひかり
2位コミュファ光
3位値段重視ならビッグローブ光:速度重視ならSo-net光プラス

auひかりが提供エリア外の場合は2番目におすすめのコミュファ光を選びましょう。

コミュファ光も提供エリア外の場合は重視する内容によってビッグローブ光かSo-net光プラスを選びましょう。

管理人クッキー

値段重視するならビッグローブ光を、通信速度を重視するならSo-net光プラスを選ぶようにしましょう。

続いて各光回線のおすすめの申込窓口を解説していきます。

eo光のおすすめの申込窓口

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
株式会社オプテージ

1万円商品券プレゼント

or

IoTプレゼント

or

eoメッシュWi-Fi2年間割引

プロバイダ一体型サービスの申込開通月の1ヶ月後公式サイトへ
デジタルサポート合同会社1万円商品券プレゼントプロバイダ一体型サービスの申込開通月の1ヶ月後公式サイトへ

eo光のおすすめの申込窓口は「株式会社オプテージ」です。

株式会社オプテージはeo光を提供している会社です。

「株式会社オプテージ」から申し込みの場合、申し込み後に送信されるアンケートに回答することでさらに5,000円分の商品券が追加されます。

コミュファ光のおすすめの申込窓口

コミュファ光で1番おすすめの申込窓口はキャッシュバック金額が最も多いNNコミュニケーションズです。

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
NNコミュニケーションズ

特典1:戸建:30,000円キャッシュバック   マンション:35,000円キャッシュバック

特典2:開通前モバイルルーター無償レンタル

プロバイダ一体型サービスの申込開通月の2ヶ月後公式サイトへ
NEXT任天堂switch or キャッシュバック(戸建て30,000円:マンション35,000円)プロバイダ一体型サービスの申込開通月の2ヶ月後公式サイトへ
アウンカンパニー任天堂switch or キャッシュバック(戸建て30,000円:マンション35,000円)プロバイダ一体型サービスの申込開通月の2ヶ月後公式サイトへ

3社どこから申し込んでもキャッシュバック額は戸建て30,000円キャッシュバック、マンション35,000円キャッシュバックと同じですが、NNコミュニケーションズから申し込んだ場合モバイルルーターが無償でレンタルできるので「工事期間中にネットが使えない」といったことがありません

管理人クッキー

ネットが使えない期間があると困るという方はNNコミュニケーションズから申し込むのがおすすめです。

ゲーム好きの方はNEXTもしくはアウンカンパニーからの申し込みで任天堂switchが手に入ります。

任天堂switchは数量限定のため、早めに申し込むことをおすすめします。

また、上記代理店のキャンペーンとは違い、コミュファ光公式特典が適用できます。

コミュファ光の公式特典ではPontaポイントもしくはキャッシュバックが貰えます。

もらえる金額は契約プランに応じて異なるのでご確認ください。

お申し込みプラン(Netflixパック含む)金額
  • 10Gホーム EX
    +コミュファ光ゲーミングカスタム
  • 10Gホーム・セレクト EX
    +コミュファ光ゲーミングカスタム
  • 10GマンションF EX
    +コミュファ光ゲーミングカスタム
  • 10GマンションF・セレクト EX
    +コミュファ光ゲーミングカスタム
25,000円相当分のPontaポイント還元!
または
現金25,000円キャッシュバック!
  • 10Gホーム EX
  • 10Gホーム・セレクト EX
  • 10GマンションF EX
  • 10GマンションF・セレクト EX
20,000円相当分のPontaポイント還元!
または
現金20,000円キャッシュバック!
  • 5Gホーム EX
  • 5Gホーム・セレクト EX
  • 5GマンションF EX
  • 5GマンションF・セレクト EX
  • 1Gホーム
  • 1Gホーム・セレクト
  • 1GマンションF
  • 1GマンションF・セレクト
  • 100MマンションV
  • 100MマンションL
  • 100MマンションV・セレクト
  • 100MマンションL・セレクト
10,000円相当分のPontaポイント還元!
または
現金10,000円キャッシュバック!

代理店特典と公式特典は併用できます。

コミュファ光公式サイトから申し込むよりも代理店から申し込むことで「公式サイト特典」と「代理店特典」の両方の特典が受けられます。

auひかりのおすすめの申込窓口

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
GMOとくとくBB戸建:61,000円キャッシュバック

マンション:51,000円キャッシュバック

光電話(36ヶ月無料)開通月の11ヶ月後、23ヶ月後公式サイトへ
NNコミュニケーションズ52,000円キャッシュバック光電話開通月の1ヶ月後公式サイトへ
NEXT52,000円光電話開通月の1ヶ月後公式サイトへ

auひかりで最もおすすめな申込窓口はGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が業界最高クラスなだけでなく、1万円越えの高性能Wi-Fiルーターを無料で手に入れることができます。

さらに光電話の基本料金550円が36ヶ月間無料になるので実質19,800円相当の還元になります。

光電話分の還元額があるので戸建てタイプとマンションタイプ、どちらもGMOとくとくBBから申し込むのが1番おすすめです。

ビッグローブ光のおすすめの申込窓口

コミュファ光とauひかりが提供エリア外の方は次の候補として「ビッグローブ光」と「ソネット光プラス」の2つから選ぶことができます。

僅差ですがソネット光プラスよりもビッグローブ光の方が安いので値段重視の方はビッグローブ光がおすすめです。

※3年間利用した場合ソネット光プラスよりもビッグローブ光の方が2,158円安いです。(戸建ての場合)

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
アウンカンパニー57,000円キャッシュバック光電話(36ヶ月無料)開通月の2ヶ月後、12ヶ月後公式サイトへ
NEXT33,000円キャッシュバック光電話開通月の2ヶ月後公式サイトへ
NNコミュニケーションズ30,000円キャッシュバック光電話開通月の2ヶ月後公式サイトへ

ビッグローブ光の1番おすすめの申込窓口はアウンカンパニーです。

アウンカンパニーはキャッシュバック増額キャンペーンを開催しているのでアウンカンパニーから申し込むことで最も多くのキャッシュバックが手に入ります。

ちなみに、光テレビを利用する方は上記の57,000円キャッシュバックにさらに5,000円が増額されます。

ただし、キャッシュバックの受け取り回数が2回というのが唯一のデメリットなので、手続きが面倒くさいという方は1度の手続きで完結する2番目にお得なNEXTから申し込むのがおすすめです。

ソネット光プラスのおすすめの申込窓口

ソネット光プラスはビッグローブ光と比較して3年間の合計金額が2,158円上がりますが(戸建ての場合)、通信速度がビッグローブ光よりも断然早いです。

通信速度比較平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
So-net光プラス18.78ms294.35Mbps209.37Mbps
ビッグローブ光20.37ms248.84Mbps196.82Mbps

みんそくより調査

上記の図の通り平均Ping値・平均ダウンロード速度・平均アップロード速度の3項目全てにおいてビッグローブ光よりもソネット光プラスの方が優れています

そのため、ゲームをする方少しでも早い光回線を利用したい方はビッグローブ光よりもソネット光プラスの方がおすすめです。

ソネット光プラスのおすすめの申込窓口は2つあります。

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
ソニーネットワークコミュニケーションズ総額56,592円分割引(戸建ての場合)なし即時適用公式サイトへ
ライフサポート70,000円キャッシュバック(戸建ての場合)なし開通月の1ヶ月後公式サイトへ
BIGUP40,000円キャッシュバックなし開通月の2ヶ月後公式サイトへ

もらえる金額が最も多いのはライフサポートの70,000円キャッシュバックですが、公式のソニーネットワークコミュニケーションズの月額料金割引キャンペーンは即時適用なので申請の手間がかからずもらい忘れもありません。

確実に簡単に割引を受けたい人は公式のソニーネットワークコミュニケーションズからの申し込みがおすすめ。

とにかくたくさんのキャッシュバックが欲しい人はライフサポートから申し込むのがおすすめです。

ソフトバンクユーザーが選ぶべき光回線

ソフトバンクユーザーが選ぶべき光回線は、ずばり「おうち割が適用できる」NURO光とソフトバンク光です。

おうち割は契約しているソフトバンクスマホのデータプランに応じて割引額が異なります。

以下データプラン別に適用される割引額をまとめましたので確認しておきましょう。

対象料金サービス割引額
  • データプランメリハリ無制限/データプランミニフィット
  • データプランメリハリ/データプランミニフィット
  • データ定額 50GB+/データプランミニ
  • データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
  • データ定額 50GB/20GB/5GB
  • パケットし放題フラット for 4G LTE
  • パケットし放題フラット for 4G
  • 4G/LTEデータし放題フラット
  • 4Gデータし放題フラット+
1,100円/月額
  • データ定額(おてがるプラン専用)
  • データ定額ミニ 2GB/1GB
  • データ定額(3Gケータイ)
  • パケットし放題フラット for シンプルスマホ
  • (iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
  • (タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円/月額

ソフトバンク光よりもNURO光の方が通信速度が速いのでNURO光を優先して選びましょう。

通信速度比較平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
NURO光12.64ms479.77Mbps419.39Mbps
ソフトバンク光17.65ms305.85Mbps199.12Mbps

ただし、NURO光はダークファイバーと呼ばれる独自回線を使用しているため提供エリアが狭いのが欠点です。

NURO光の提供エリア

北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、広島県、岡山県、福岡県、佐賀県。

上記以外の場所にお住まいの方はソフトバンク光を選びましょう。

NURO光のおすすめの申込窓口

NURO光のおすすめの申込窓口は公式のソニーネットワークコミュニケーションズです。

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
ソニーネットワークコミュニケーションズ45,000円キャッシュバックなし開通月の6ヶ月後公式サイトへ

NURO光の申し込み窓口は上記の公式サイトのみになります。

今なら加入必須オプションなしで45,000円キャッシュバックがもらえます。

ソフトバンク光のおすすめの申込窓口

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
エヌズカンパニー

特典A:37,000円キャッシュバック  

or

特典B:32,000円キャッシュバック+Wi-Fiルーター

なし開通月の2ヶ月後公式サイトへ
アウンカンパニー

特典A:37,000円キャッシュバック  

or

特典B:32,000円キャッシュバック+(Wi-Fiルーター or Wi-Fi LAN中継器)

or

特典C:任天堂switch

なし開通月の2ヶ月後公式サイトへ
NEXT

特典A:37,000円キャッシュバック  

or

特典B:32,000円キャッシュバック+Wi-Fiルーター

or

特典C:任天堂switch

なし開通月の2ヶ月後公式サイトへ

ソフトバンク光の最もおすすめの申込窓口はエヌズカンパニーです。

上記3社ともキャッシュバック額は同じですが、エヌズカンパニーではWi-Fi機器の無料レンタルを実施しています。(光回線が開通するまでの間)

光回線が開通するまでの間ネットが使えない期間があるので仕事をされている方は困ると思います。

エヌズカンパニーのWi-Fi機器無料レンタルを利用することでネットが途切れることなく新しい光回線が導入できます

その次におすすめなのがアウンカンパニーです。

アウンカンパニーとNEXTのキャンペーン内容はほとんど同じですが、アウンカンパニーの特典BではWi-Fiルーターの代わりにWi-Fi LAN中継器を貰うことができます。

ドコモユーザーが選ぶべき光回線

ドコモユーザーが選ぶべき光回線は唯一セット割が適用できるドコモ光のみです。

セット割の割引額は契約しているドコモスマホのデータプランに応じて異なります。

対象料金プラン「ドコモ光」定額プラン(タイプA/B/C/単独タイプ、10ギガ タイプA/B/単独タイプ)の割引額「ドコモ光」2段階定額プラン(ドコモ光ミニ)の割引額
5Gギガホ プレミア1,100円/月額割引550円/月額割引
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
5Gギガライト/ギガライト~1GB--
~3GB550円/月額割引220円/月額割引
~5GB1,100円/月額割引550円/月額割引
~7GB1,100円/月額割引550円/月額割引

ドコモ光のおすすめの申込窓口

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
NTTコミュニケーションズ20,000円キャッシュバック

OCN v6アルファ利用料無料

IPoEルーター利用料無料

なし開通月の2ヶ月後公式サイトへ
ネットナビ15,000円キャッシュバック

モバイルWi-Fiレンタル無料

なし開通月の2ヶ月後公式サイトへ
GMOとくとくBB5,500円キャッシュバック

高性能Wi-Fiルータープレゼント

なし開通月の5ヶ月後公式サイトへ

ドコモ光のおすすめの申込窓口はNTTコミュニケーションズです。

NTTコミュニケーションズからの申し込みで最大キャッシュバックの20,000円が貰え、更にOCN v6アルファの利用料とIPoEルーターが無料で利用できます。

管理人クッキー

Wi-Fiルーターが貰えるので買う手間が省け通信速度が速くなるOCN v6アルファが無料で利用できるのでおすすめです。

工事の間ネットが使えないと困るという方はネットナビから申し込むことでモバイルWi-Fiが無料でレンタルできます。

仕事などでネット環境が無くてはならない方はモバイルWi-Fiが無料でレンタルできるネットナビがおすすめです。

GMOとくとくBBからの申し込みでは高性能Wi-Fiルーターが無料で貰えます。

GMOとくとくBBで貰えるWi-Fiルーターの性能は3社の中では1番良いですが、正直そこまで通信速度に差は出ないと思いますので、キャッシュバックがたくさんもらえるNTTコミュニケーションズから申し込むのをおすすめします。

とにかく1番性能が良いWi-Fiルーターが欲しいという方はGMOとくとくBBから申し込みましょう。

格安SIMユーザーが選ぶべき光回線

格安SIMユーザーが光回線を選ぶ方法は2つあります。

  • セット割が適用できる場合⇒セット割が適用できる光回線を選ぶ
  • セット割が適用できない場合⇒総額料金で安い光回線を選ぶ

それぞれ解説していきます。

セット割が適用できる場合

光回線とのセット割が適用できる場合はセット割を適用した方が合計料金が安くなるので「セット割が適用できる光回線を選ぶ」ようにしましょう。

格安SIMのワイモバイル(Y!mobile)はソフトバンク光とセットで利用することでおうち割が適用できるのでぜひ活用していきましょう。

ワイモバイルユーザーはソフトバンク光を選ぶこと!

割引額はワイモバイルスマホのデータプランに応じて異なります↓

対象プラン割引額
シンプルS/M/L月額1,188円割引

スマホベーシックプランS/M/R/L
スマホプラン
S
データベーシックプラン
L
データプラン
L
Pocket WiFi
プラン2

月額550円割引

スマホプランM/R

月額770円割引

スマホプランL

月額1,100円割引

結論から言うとタイプ別に申し込むべき光回線は以下の通りです。

住まいのタイプとおうち割の金額おすすめの光回線
戸建てタイプでおうち割が878円以下NURO光
戸建てタイプでおうち割が878円以上ソフトバンク光
マンションタイプソフトバンク光

それぞれ解説していきます。

まず前提条件としてNURO光とワイモバイルスマホの組み合わせではおうち割が適用できません。

おうち割の適用可否ソフトバンク光NURO光
ソフトバンクスマホ
ワイモバイルスマホ×
戸建てタイプの場合

戸建てタイプの場合、ソフトバンク光とNURO光の料金の差額が878円です。

 ソフトバンク光NURO光(おうち割適用不可)
平均月額料金4,770円3,892円

そのため、おうち割の割引額が878円以上ならソフトバンク光にした方がお得になります。

 ソフトバンク光NURO光
おうち割550円の場合4,770円-550円=4,220円3,892円
550円が2人の場合4,770円-1,100円=3,670円3,892円
おうち割が1,188円の場合4,770円-1,188円=3,582円3,892円

上記の図の通り、550円のおうち割が1人しかいない場合はNURO光の方がお得になります。

一方550円割引が2人以上いる場合はソフトバンク光の方がお得になります。

もちろん1人でもおうち割が1,188円の場合はソフトバンク光にした方がお得になります。

再度まとめると戸建てタイプの場合おうち割が878円以上なら「ソフトバンク光」選び、おうち割が878以下なら「NURO光」を選ぶのがお得です。

 おすすめの光回線
おうち割が878円以下NURO光
おうち割が878円以上ソフトバンク光
マンションタイプの場合
 ソフトバンク光NURO光
平均月額料金3,230円3,892円

上記の図の通りマンションタイプの場合はそもそもソフトバンク光の方が平均月額料金が安いです。

さらにおうち割が適用されることでスマホ料金も安くなります。

マンションタイプの方は「ワイモバイル+ソフトバンク光」の組み合わせで契約しましょう。

大手の光セット割が適用できない場合

大手の光セット割が適用できないキャリアには

  • OCNモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル

などがあります。

大手の光セット割は適用できないですが、格安モバイルのセット割は適用できます。

戸建の場合セット割が付く光回線セット割の金額
OCNモバイルOCN光(OCN光モバイル割)220円
BIGLOBEモバイルビッグローブ光(光SIMセット割)330円
UQモバイルビッグローブ光(ギガMAX月割)550円

上記のようにセット割は適用できますが、割引価格がかなり低いです。

結論から言うとタイプ別におすすめの光回線は以下の通りです。

戸建てタイプの場合OCNモバイルBIGLOBEモバイルUQモバイル
1番おすすめの光回線OCN光コミュファ光コミュファ光
2番目におすすめの光回線コミュファ光NURO光NURO光
マンションタイプの場合OCNモバイルBIGLOBEモバイルUQモバイル
1番おすすめの光回線OCN光auひかりauひかり
2番目におすすめの光回線コミュファ光OCN光OCN光

それぞれ解説していきます。

戸建タイプの場合
OCNモバイル

OCNモバイルユーザーに1番おすすめの光回線はOCN光です。

OCN光の料金が元々かなり安い上にOCN光モバイル割を適用させることでさらに安くなります。

光回線名平均月額料金
OCN光+OCN光モバイル割3,943円-220円=3,723円
NURO光3,892円

上記の図の通りOCN光の元々の平均月額料金は3,943円ですが、OCN光モバイル割が220円割引として入るので実質の平均月額料金は最安値のNURO光よりも安くなります。

そのため、OCNモバイルユーザーの方にはOCN光が1番おすすめです。

OCN光のおすすめの申込窓口はこちら

BIGLOBEモバイル
おすすめ順光回線名平均月額料金
1番目におすすめNURO光3,892円
2番目におすすめOCN光3,943円
おすすめしないビッグローブ光+光SIMセット割5,055円-330円=4,725円

BIGLOBEモバイルユーザーの場合、ビッグローブ光に光SIMセット割を適用させたとしても月額4,725円なので、セット割がないNURO光の方が断然安いです。

BIGLOBEモバイルユーザーに1番おすすめの光回線はNURO光です。

とはいえNURO光は提供エリアが限られているので、提供エリア外の方は2番目に安いOCN光がおすすめです。

OCN光はNTTのフレッツ光回線を利用しているので提供エリアが広いのがメリットです。

UQモバイル
おすすめ順光回線名平均月額料金
1番目におすすめNURO光3,892円
2番目におすすめOCN光3,943円
おすすめしないビッグローブ光+ギガMAX月割5,055円-550円=4,505円

UQモバイルユーザーの場合、ビッグローブ光にギガMAX月割を適用させたとしても月額4,505円なので、セット割がないNURO光の方が断然安いです。

UQモバイルユーザーに1番おすすめの光回線はNURO光です。

とはいえNURO光は提供エリアが限られているので、提供エリア外の方は2番目に安いOCN光がおすすめです。

OCN光はNTTのフレッツ光回線を利用しているので提供エリアが広いのがメリットです。

マンションタイプの場合
OCNモバイル
光回線名平均月額料金
OCN光+OCN光モバイル割2,626円-220円=2,406円
auひかり2,605円

マンションの場合最安値の光回線はauひかりですが、「OCN光とOCN光モバイル割」の組み合わせにより、最安値のauひかりよりも安くなります。

そのためOCNモバイルユーザーにはOCN光が1番おすすめです。

OCN光のおすすめの申込窓口はこちら

BIGLOBEモバイル
おすすめ順光回線名平均月額料金
1番目におすすめauひかり2,605円
2番目におすすめOCN光2,626円
おすすめしないビッグローブ光+光SIMセット割3,955円-220円=3,735円

BIGLOBEモバイルユーザーの場合、ビッグローブ光に光SIMセット割を適用させたとしても月額3,735円なので、セット割がないauひかりの方が断然安いです。

BIGLOBEモバイルユーザーに1番おすすめの光回線はauひかりです。

とはいえ場所によってはauひかりが使えない場合もあるので、提供エリア外の方は2番目に安いOCN光がおすすめです。

OCN光はNTTのフレッツ光回線を利用しているので提供エリアが広いのがメリットです。

UQモバイル
おすすめ順光回線名平均月額料金
1番目におすすめauひかり2,605円
2番目におすすめOCN光2,626円
おすすめしないビッグローブ光+ギガMAX月割3,955円-550円=3,405円

UQモバイルユーザーの場合、ビッグローブ光にギガMAX月割を適用させたとしても月額3,405円なので、セット割がないauひかりの方が断然安いです。

UQモバイルユーザーに1番おすすめの光回線はauひかりです。

とはいえ場所によってはauひかりが使えない場合もあるので、提供エリア外の方は2番目に安いOCN光がおすすめです。

OCN光はNTTのフレッツ光回線を利用しているので提供エリアが広いのがメリットです。

OCN光のおすすめの申込窓口

申込窓口特典内容加入必須オプション受取時期サイトURL
ラプター【戸建てタイプ】

特典A:20,000円キャッシュバック or 特典B:37,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルーター

【マンションタイプ】

特典A:34,000円キャッシュバック or 特典B:29,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルーター

なし開通月の2ヶ月後公式サイトへ
BIGUP【戸建てタイプ】

特典A:40,000円キャッシュバック or 特典B:任天堂switch+Wi-Fiルーター

【マンションタイプ】

特典A:32,000円キャッシュバック or 任天堂switch

なし開通月の1ヶ月後公式サイトへ

OCN光の1番おすすめの申込窓口はキャッシュバックが最も多い株式会社ラプターです。

ただし、任天堂switchが欲しい方はBIGUP株式会社から申し込みましょう。

OCN光まとめ

OCN光はOCNモバイルユーザーにおすすめの光回線です。

「OCN光+OCNモバイル」の組み合わせは最低限必要な通信速度がありつつ全光回線中最も安い組み合わせです。

固定費をなるべく抑えたいという人には「OCN光+OCNモバイル」の組み合わせがおすすめです。

最後に各光回線の最もおすすめの申込窓口をまとめます。

光回線名1番おすすめの申込窓口申込サイト
eo光株式会社オプテージ公式サイトへ
コミュファ光NNコミュニケーションズ公式サイトへ
auひかりGMOとくとくBB公式サイトへ
ビッグローブ光アウンカンパニー公式サイトへ
So-net光プラスソニーネットワークコミュニケーションズ公式サイトへ
NURO光ソニーネットワークコミュニケーションズ公式サイトへ
ソフトバンク光エヌズカンパニー公式サイトへ
ドコモ光NTTコミュニケーションズ公式サイトへ
OCN光ラプター公式サイトへ
管理人クッキー

この記事を参考にあなたにとって最も良い光回線が見つかることを心より祈っています。

-OCN光, 光回線