回線事業者とプロバイダと代理店の違いを元店員が分かりやすく徹底解説

この記事は回線事業者とプロバイダと代理店の違いが知りたい方におすすめです。

いきなり問題:この言葉の意味が分かりますか?

株式会社グローバルキャストという販売代理店からau光を申し込んでプロバイダはSo-netにした。

意味が分かる方はこの記事を見る必要はないです。

「プロバイダって何?販売代理店って何するところ?」という疑問だらけの方はぜひ見ていってください。

記事を読み終わると上記の言葉の意味が完全に分かるようになります。(スッキリします笑)

 

ネットの契約をしようとすると上記のようなカタカナがたくさん出てきて意味が分からないですよね。

「ドコモ光とか、au光とか名前は何となく知ってるけど、プロバイダって何するところなの?」

というわけで今回は3つの違いを元販売員が徹底解説しました。

この記事を読むと回線とプロバイダと代理店の違いが分かるようになります。

さっそく見ていきましょう。

目次を押すと見たいところへスキップできます!

回線事業者とは

光回線

回線事業者とは電話・ADSL・光回線を提供している会社のことです。

回線事業者と契約することで電柱から住宅まで光回線を引き込む工事をしてくれるのが回線事業者です。(ネット環境を外から整えてくれる)

NTT東日本やNTT西日本、ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどが回線事業者にあたります。

回線事業者の違いとして使用している回線が違う為、通信速度の違いや料金プランの違いがあります。

昔は電話回線を利用したADSL回線が主流でした。

今では光ファイバーを使った光回線が主流になっています。

また、外出先で使えるモバイル回線も普及しています。

ADSLと光回線の違いについては「ISDNとADSLと光回線の違い元店員が徹底解説|速度も比較」で解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

回線事業者だけと契約して光回線を引いてもネットを利用することはできません。

ネットに接続してくれるプロバイダとも契約をして初めてネットを使うことができます。

プロバイダとは

プロバイダ

プロバイダとは回線事業者から提供された回線とユーザーを繋げてくれる会社のことです。(ネット環境を中から整えてくれる)

正式名称はInternet Service Provider(インターネットサービスプロバイダー)略してISPとも呼ばれます。

また、接続を担っているので接続事業者とも呼ばれます。

プロバイダの違いとして使用できるメールアドレスやメールサーバーの容量、細かなオプション内容や料金プランに違いがあります。

基本的にどのプロバイダを選んでもネット利用料金は同じですが、プロバイダによって貰えるキャッシュバック金額が変わってきます。(中には月額割引キャンペーンを開催しているプロバイダもある)

 

よく「プロバイダー」と「プロバイダ」どっちが正しいのか問われますが、結論からいうとどちらも正しいです。

内閣告示によって日本語的に正しいのはプロバイダーです。

しかしJIS工業用語ではプロバイダが正しいです。

そのため、教科書に出てくるのはプロバイダー、パソコン関連の雑誌に出てくるのはプロバイダになります。

一体型サービス光コラボレーション

回線とプロバイダを別契約ではなくセットにした一体型サービスの「光コラボレーション」も近年では増えてきました。(略して光コラボともいいます)

NTT東日本・西日本ではフレッツ光を自社販売していましたが、より広く普及させるために2015年2月より他社への卸し提供を始めました。

例えばフレッツ光とソフトバンク光は回線事業者が違うだけで同じ回線を使用しています。

日本では681社がNTTのフレッツ光回線を利用しています。

NTTのフレッツ光回線以外を利用しているサービスにはau光やNURO光などが挙げられます。

au光やNURO光が利用している回線はダークファイバー(独自回線)とも言われています。

ダークファイバーについて詳しくは「」で解説しています。

販売代理店とは

販売代理店

販売代理店とは回線業者やプロバイダの代わりに契約を取る会社です。

販売代理店は本家のNTTやKDDIと代理店契約を結んで販売をしています。(代理店契約が無ければ販売できない)

販売代理店から回線やプロバイダを申し込むことで代理店独自のキャッシュバックキャンペーンが貰えます。

例えば、下記の3つのパターンだと

  1. au公式サイトからau光を申し込む⇒auのキャッシュバックが貰える
  2. プロバイダからau光を申し込む⇒auとプロバイダ2カ所のキャッシュバックが貰える
  3. 代理店からau光とプロバイダを申し込む⇒auとプロバイダと代理店3カ所のキャッシュバックが貰える

3が一番お得なので基本的には公式サイトからではなく、プロバイダサイトからでもなく、代理店サイトから申し込むのが最もお得です

代理店の違いは主にキャンペーン内容です。

貰えるキャッシュバック金額が違ったり、プレゼントで貰えるWi-Fiルーターの性能などが変わります。

回線事業者とプロバイダと代理店の違いまとめ

回線事業者とプロバイダと代理店の違いまとめ

回線事業者とは回線を提供する会社、プロバイダとは接続事業者、販売代理店とは代理で回線とプロバイダの契約を取る会社です。

改めてこの言葉の意味分かるようになりましたか?

いきなり問題:この言葉の意味が分かりますか?

株式会社グローバルキャストという販売代理店からau光を申し込んでプロバイダはSo-netにした。