知識箱

回線事業者とプロバイダは必須だが代理店は無くてもよい理由|3社の違いを徹底解説

回線とプロバイダと代理店はそれぞれ以下の役割を担っています。

  • 回線事業者=「回線を貸す」
  • プロバイダ=「ネットに接続する」
  • 代理店=「宣伝する」

代理店が無くても回線とプロバイダだけがあればインターネット接続はできます。

しかし、代理店がなければ多くの人にインターネットを利用してもらうことができません。

この記事では回線事業者とプロバイダと代理店の違いについて元販売員が徹底解説していきます。

違いが分からず光回線の契約をためらっている人や詳しく知りたい方はぜひ最後まで見ていってください。

まずは「回線を貸す」回線事業者について見ていきましょう。

回線事業者とは

光回線

回線事業者とはインターネット接続をするために必要な「回線」を提供する会社です。

電話回線・ADSL回線・光回線など様々な種類があります。

回線事業者と契約することで電柱から住宅まで光回線を引き込む工事をしてくれます(インターネット環境を外から整えてくれる)

NTT東日本・NTT西日本、KDDI、So-netなどが回線事業者に当たります。

回線事業者提供サービス
NTT東日本・NTT西日本フレッツ光
KDDIauひかり
So-netNURO光・So-net光プラス

上記の図の通りそれぞれの回線事業者がそれぞれの光回線サービスを提供しています。

回線事業者別に使用している回線が異なるため、通信速度や料金プラン、オプションサービスなどに違いがあります。

昔は電話回線を利用したADSL回線が主流でしたが今では光ファイバーを使った光回線や外出先でも使用できるモバイル回線が主流になりつつあります。

ADSLと光回線の違いについて詳しく知りたい方はADSLと光回線の解説記事をご覧ください。

では、回線事業者と契約をして光回線を引いてもらえばインターネットが使えるようになるのでしょうか?

結論から言うとまだ「使えない」んです。

インターネットを利用するには外から整える(光回線を引く)だけでなく、中からも整える(接続する)必要があります。

中から整える(接続する)役割を担うのがプロバイダと呼ばれる事業者です。

プロバイダとは

プロバイダ

プロバイダとは回線事業者が提供してくれた回線をインターネットに接続してくれる事業者のことです。(インターネット環境を中から整える)

正式名称はInternet Service Provider(インターネットサービスプロバイダー)略してISPとも呼ばれます。

また、接続を担っているので接続事業者とも呼ばれます。

光回線を引いただけでは、

  • 「運転手のいない車」
  • 「選手のいない球場」
  • 「電波のないスマホ」

と同じで「プロバイダのない光回線」では何も実行できません

  • 「運転手がいて初めて運転できる」
  • 「選手がいて初めて試合ができる」
  • 「電波があって初めて通信ができる」

ように「プロバイダがいて初めてインターネット接続ができる」ようになります。

大手プロバイダにはBIGLOBE、So-net、niftyなどがあります。

各プロバイダの違いには

  • 使用できるメールアドレス
  • メールサーバーの容量
  • 料金プラン
  • オプション内容
  • キャンペーン内容

などがあります。

「プロバイダー」と「プロバイダ」どっちが正しい?

よく「プロバイダー」と「プロバイダ」はどっちが正しいのか問われますが、結論からいうと使用する場面が違うだけでどちらも正しいです。

内閣告示によって日本語的に正しいのは「プロバイダー」です。

しかしJIS工業用語では「プロバイダ」が正しいです。

そのため、教科書に出てくるのは「プロバイダー」、パソコン関連の雑誌に出てくるのは「プロバイダ」になります。

回線事業者と接続事業者のプロバイダがあればインターネット接続ができることは分かりました。

では代理店とはなんなのでしょうか?

代理店とは

販売代理店

冒頭の方でも代理店は「宣伝する」のが役割だと書きましたが、代理店の主な役割は広告担当です。

代理店はNTTやKDDIと代理店契約を結んでさまざまな光回線サービスを宣伝しています。(代わりに販売している)

回線事業者が光回線を提供して、プロバイダが接続してくれるとしてもそもそもサービス自体を知らないと契約することができません

そこで代理店の出番です。

フレッツ光を利用したコラボ光の事業者は現状681社もあります。

これだけ多くの光回線サービスがあるので代理店の存在がなければ認知してもらえません。

コラボ光とは?

回線とプロバイダは本来別契約ですが、セットで一緒に契約できる一体型サービスのことを「光コラボレーション」といいます。(略して光コラボともいいます)

NTT東日本・西日本ではフレッツ光を自社販売していましたが、より広く普及させるために2015年2月より他社への卸し提供を始めました。

例えばフレッツ光とソフトバンク光は回線事業者が違うだけで同じ光回線を使用しています。

日本全国には681社のコラボ光事業者があります。

NTTのフレッツ光回線以外を利用しているサービスにはau光やNURO光などが挙げられます。

au光やNURO光が利用している回線は通称ダークファイバーと言われています。(独自回線とも言う)

ダークファイバーについて詳しく知りたい方はダークファイバーの解説記事をご覧ください。

代理店があることで数多くの光回線をたくさんの人に利用してもらえます。

回線事業者にとってもプロバイダにとっても代理店にとってもユーザーにとってもメリットがあります。(4者が得する素晴らしいサービスです)

大手の代理店といえば

  • 株式会社NEXT
  • GMOインターネット株式会社
  • 株式会社NNコミュニケーションズ
  • 株式会社アウンカンパニー
  • 株式会社アシタクリエイト

などがあります。

代理店の違いは主にキャンペーン内容です。

  • もらえるキャッシュバックの金額
  • 受け取り条件
  • 受け取り時期
  • もらえるWi-Fiルーターの性能

などで違いがあります。

光回線名やプロバイダ名は聞いたことがある人でも代理店名は聞き慣れない人が多いと思います。

光回線の公式サイトやプロバイダのサイトから直接申込をするよりも代理店のサイトから申し込んだ方がより多くの特典をゲットできます。

例としてauひかりに申込んだ場合もらえる特典
au光公式サイトから申込むauひかり公式特典+プロバイダ特典
プロバイダから申込むauひかり公式得点+プロバイダ特典
代理店から申込むauひかり公式特典+プロバイダ得点+代理店得点

上記の図の通り回線事業者の公式サイトやプロバイダサイトから申込んだ場合では代理店の特典を受けられません

代理店のサイトから申込むことで公式サイト特典プロバイダ特典代理店特典と3社全ての特典を受け取ることができます。

回線事業者とプロバイダと代理店の違いまとめ

回線事業者とプロバイダと代理店の違いまとめ

回線事業者とは回線を提供する会社、プロバイダとは接続をする会社、代理店とは代わりに宣伝して販売する会社のことです。

光回線の申込はネット上にある代理店サイトから申込をするのが最もお得な契約方法です。

この記事を見て悩みが解決されたら幸いです。

-知識箱