ダークファイバーとは?仕組みやメリットデメリットを元販売員が解説

この記事は・・・

  • ダークファイバーの仕組みについて知りたい
  • メリットやデメリットが知りたい

こんなあなたにおすすめです。

結論からいうとダークファイバーは使われていない回線のことです。

名前の通り使われていないので光が通っておらず、暗い(ダーク)回線(ファイバー)です。

今回はダークファイバーの仕組みやメリットデメリットについて元販売員が分かりやすく解説します。

この記事を見るとダークファイバーの仕組みが丸分かりになります。

ダークファイバーについてもっと詳しく知りたい方は見ていってください。

ダークファイバーとは?仕組みを解説

ダークファイバーとは使われていない光ケーブルを指します。

対称に当たるのがライトファイバーです。

光ファイバーケーブルの敷設は電話線のメタルケーブルと比べると非常に高価です。

その為、光ファイバーケーブルを使うたびに敷設をするととんでもない費用が発生してしまいます。

そこで想定している利用量よりも多くの光ファイバーケーブルが敷設されています。

実際に利用されている光ケーブルが【ライトファイバー】で利用されていないケーブルが【ダークファイバー】です。

しかし、フレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・OCN光・ぷらら光・nifty光など681社が光回線を共有しています。

その為、夜や利用者の多い時間帯では通信速度が低下する可能性が大きいです。

多くの会社がライトファイバーを共有して利用していますが、それでも回線規模は全体の3~4割程度です。

残り6~7割のダークファイバーは使用されていません。

そんな中2001年に総務省からダークファイバーの開放が義務付けられました。

そこでNURO光やauひかりがダークファイバーを使用した光回線サービスの提供を開始します。

ダークファイバーは他社と回線を共有する必要がないので通信速度が低下する可能性が低いです。

そのためNURO光やauひかりは他社と比べて通信速度が速く安定しやすいと言われています。

ダークファイバーのメリットとデメリット

ダークファイバーのメリットとデメリット

ダークファイバーのメリットデメリットをそれぞれ解説していきます。

メリット

  • 回線速度が速い
  • 月額利用料が安い

回線速度が速い

ダークファイバーを利用している事業者は少なく今のところNURO光・一部auひかり・法人のみです。

その為、光回線の共有による低速化が起こることが無いので通信速度が速いです。

月額利用料が安い

サービス名戸建て月額料金
ドコモ光5,200~5,400円
ソフトバンク光5,200円
auひかり4,900~5,100円
NURO光4,743円

ダークファイバーを利用しているNURO光はプロバイダーがそのまま光回線の提供をしているので月額料金が他社に比べて安いのがメリットです。

また一部でダークファイバーを利用しているauひかりも他社光回線サービスと比べて月額100円~300円ほど安いです。

デメリット

  • 工事の時間が長い
  • 対応エリアが狭い
  • 導入費用が高い

工事の時間が長い

実はNURO光のダークファイバーはNTTが提供しています。

すべての光回線の9割をNTTが管理しているのでNURO光やauひかりのダークファイバーもNTTが提供をしています。

その為NURO光の場合、宅内工事と屋外工事の2回工事が発生します。

宅内工事はNURO光を運営しているSo-netが担当しますが、屋外工事はNTTが担当します。

宅内工事と屋外工事は別々の日になる上に、かなり時間が空くこともあるのでインターネットを使うまで時間がかかるのがデメリットです。

対応エリアが狭い

ダークファイバーを利用した個人向けの光サービスは今のところNURO光と一部のauひかりのみになっています。

現状対応エリアがかなり狭くNURO光は19都道府県でしか対応していません。

導入費用が高い

ダークファイバーを利用する場合、導入費用(工事費)がコラボ光と比べてかなり高いです。

サービス名工事金額
ドコモ光戸建て:18,000円
マンション:15,000円
ソフトバンク光戸建てマンション共に24,000円
auひかり戸建て:37,500円
マンション:30,000円
NURO光戸建てマンション共に40,000円

auひかりやNURO光の工事費は他社コラボ光と比べて高いですが実質0円にできるキャンペーンを開催していることもあるのでそこまで気にならないと思います。

ダークファイバーのまとめ

ダークファイバーのまとめ

ダークファイバーは使われていない光回線です。

現状ダークファイバーを利用した光回線サービスにはNURO光・一部auひかり・法人があります。

ダークファイバーを導入するまで時間はかかるというのがデメリットですが、速度が速く、月額利用料金が安いといったメリットがあります。

今コラボ光を利用していてネットの速度が遅いと感じる方、もしくは月額料金が高いと感じる方はNURO光やauひかりへの乗り換えをおすすめします。

今より月額料金が安くなり、ネット速度が現状より快適になる可能性が高いです。