auひかりの料金プランを元店員が超簡単に解説|au光にした後はいつ乗り換えるのかお得?

この記事は・・・

  • 他社光回線を契約しているけどauひかりへの乗り換えを検討している
  • auひかりの料金プランが知りたい
  • キャッシュバックやauひかりの対応エリアが知りたい
  • auひかりのスピードが知りたい
  • auひかりに変えてその次はいつ変えるのがお得なのか知りたい

こんな事を考えているあなたにおすすめです!

 

元ショップ店員が分かりやすく解説していきます。

 

auひかりは業界最速最大10Gbpsの超高速通信に対応しています。

また、キャッシュバックが最大121,000円分還元の破格キャンペーンも開催中です。

キャッシュバック最大121,000円分還元のキャンペーンは下のサイト限定になるのでお得にau光を始めたい方は是非チェックしてみて下さい↓
【auひかり】




見たい目次をクリック!

いくら料金が安くて速度が速くても工事ができなければauひかりを入れることはできません。

まず初めに今お住いの地域がauひかりに対応しているのかを確認しましょう。

auひかりの対応エリア確認

提供エリア

auひかりの対応エリア確認はこちらからできます⇒auひかり対応エリア確認

上記のau公式サイトから「住居タイプ」と「郵便番号」を入力して検索することでお住いの地域がauひかりに対応しているかどうかが分かります。

※固定電話番号は入力しなくても大丈夫です。

ただし、上記au公式サイトからauひかりの申し込みはしないで下さい

上記au公式サイトからの申し込みでは121,000円分還元キャンペーンが適応されません。

最大121,000円分還元キャンペーンを実施しているのはこちらのサイトです↓
【auひかり】



auひかりのキャッシュバックキャンペーン

最大121,000円分還元のキャッシュバックキャンペーンは「KDDI正規代理店 株式会社グローバルキャスト」という会社がやっているキャンペーンです。

「auひかりなのに他の会社が関わってくるの?どゆこと?」と思いますよね。

auひかりの契約は公式の「au」以外にも「携帯ショップ代理店」「プロバイダー会社」「代理店販売会社」などが担っています。(auが大きすぎる会社なので色んな子会社が代理で販売しています)

その為、販売店独自のキャンペーンがあります。

5万キャッシュバックや6万キャッシュバックが多い中、株式会社グローバルキャストでは最大121,000円分還元のキャッシュバックキャンペーンをやっています。

どの会社から申し込んでも回線速度や基本的な使用料金は同じなのでキャッシュバックがたくさん貰えるところから申し込んだ方がお得です。

auひかり121,000円キャッシュバックの内訳

121,000円キャッシュバックの内訳は以下の4つです。

  • 1:サイト限定キャッシュバック
  • 2:auひかり新スタートサポート(公式特典)
  • 3:au光新スタートサポート上乗せキャッシュバック(公式特典)
  • 4:プロバイダ特典

1:サイト限定キャッシュバック

サイト限定キャッシュバックは株式会社グローバルキャストがやっているキャッシュバックキャンペーンです。

適応条件キャッシュバック金額
auひかり+光電話の加入41,000円

サイト限定キャッシュバックの適応条件はauひかりのお申し込みとひかり電話オプションをつけることです。

固定電話を使わない方も安心して下さい。

後述しますが、固定電話を使わない方も光電話に加入することでキャッシュバック含め、トータルの合計金額が安くなります。

2:auひかり新スタートサポート(公式特典)

公式特典はどのサイトから申し込んでも受けられる特典です。

適用条件キャッシュバック金額
auひかり+電話+電話オプションパックEXの加入30,000円

auひかり新スタートサポートは「auひかり」+「電話」にプラスして更に電話オプションパックEXをつけ、36ヵ月以上利用する前提で貰えるキャッシュバックです。(マンションタイプの場合は24ヵ月以上利用する前提)

タイプ還元方法
ホーム郵便為替もしくはau PAY 残高(au WALLET 残高)へのチャージ
マンション郵便為替もしくはau WALLET10,000+毎月1,000×最大20ヶ月間月額割

電話オプションパックEXの月額利用料は690円なので3年間利用した場合

690円×36ヵ月=24,840円なので、

30,000円のキャッシュバックを貰うことで実質5,160円お得になります

3:auひかり新スタートサポート上乗せキャッシュバック(公式特典)

適応条件キャッシュバック金額
他社解除料がある場合適応戸建てプランに申し込む場合:25,000円 マンションプランに申し込む場合:15,000円

auひかり新スタートサポート上乗せキャッシュバックは他社解除料がある場合に貰えるキャッシュバックです。

戸建てプランに申し込んだ場合とマンションプランに申し込んだ場合で貰えるキャッシュバック金額は変わります。

※マンションに住んでいるのにで戸建てプランに申し込むことはできません。その逆もしかりです。

4:プロバイダ特典

適応条件キャッシュバック金額
So-netに加入+指定オプションの加入25,000円

プロバイダ特典は契約するプロバイダをSo-netにすることと、指定オプションに加入することです。

指定オプション
  • カスペルスキー
  • 安心サポート
  • えらべる倶楽部
  • インターネットサギウォール
  • 住まいと暮らしの相談
  • らくらくバックアップ

オプションは月額制なので使わないものは2ヵ月目以降に廃止をすればOKです!

指定オプションの加入なしでキャッシュバックが欲しい方は「auひかりオススメの販売代理店6社を徹底比較」をご覧ください。

 

auひかりはNTTとは違う回線を利用しているので混みにくく、回線速度が出やすいのが特徴です。

auひかりの速度には「1ギガ」「V5ギガ」「X10ギガ」の3種類があります。

auひかりの速度

速度

  • 1ギガ
  • V5ギガ
  • X10ギガ

1ギガ:(上り1Gbps下り1Gbps)

auひかりが引ける場所であれば全て1ギガに対応しています。(1ギガの速度が必ず出る訳ではない)

名前が1ギガなのに1ギガ出ない理由はベストエフォート型サービスだからです。

ベストエフォート型サービスとは

ベストエフォート型サービスとは簡単に言うと「理論値」です。

「技術規格上概ねこのくらいの数値が出るであろう」という大雑把なものです。

理論上の速度が出ない理由は、距離や障害物、利用機器の性能などがあるからです。

理論上1ギガでも距離が遠く、あいだに複数の障害物があれば当然速度は遅くなります。

実際住まいには壁や置物などが複数あるので理論値よりも遅い速度になります。

一般的には1ギガ出るという回線で100~200MBの速度が出ればまあまあ速い方です。

V(ファイブ)5ギガ:(上り5Gbps下り5Gbps)

V5ギガは一部の地域限定のサービスになります。

理論上5ギガ出ます。(出るの見たことない笑)

対応地域は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに限られます。

対応エリアであれば1ギガプランと同じ料金でV5ギガプランが利用できます。

X(テン)10ギガ:(上り10Gbps下り10Gbps)

X10ギガもV5ギガと同じで対応地域は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに限られます。

X10ギガは基本料金にプラス780円(月額)で利用することが出来ます。

auひかりの料金プラン

料金プラン

auひかりの料金プランは戸建てタイプとマンションタイプの2つのプランがあります。

戸建てタイプとマンションタイプでは基本金額、更新期間、契約解除料が異なります。

戸建てタイプの料金プラン:3年更新

※金額は全て税抜表記です。

auひかりホーム戸建て月額利用料(プロバイダ料込)ネットのみネット+電話
1年目5,100円5,600円
2年目5,000円5,500円
3年目以降4,900円5,400円
工事費37,500円(625円×60ヵ月)実質0円
新規登録料3,000円3,000円
契約解除料15,000円15,000円
更新期間3年更新3年更新

※解除料は更新期間以外で解約や乗り換えした場合に発生する料金です。(更新月に解約や乗り換えであれば解除料は0円です)

マンションタイプの料金プラン:2年更新

マンションタイプは戸建てよりも安いです。

auひかりマンション集合住宅月額利用料(プロバイダ料込)ネットのみネット+電話
1年目3,800円4,300円
2年目3,800円4,300円
3年目以降3,800円4,300円
工事費30,000円(1,250円×24ヵ月)実質0円
新規登録料3,000円3,000円
契約解除料7,000円7,000円
更新期間2年更新2年更新

※解除料は更新期間以外で解約や乗り換えした場合に発生する料金です。(更新月に解約や乗り換えであれば解除料は0円です)

戸建てタイプもマンションタイプもそうですが、ネットだけの契約では工事費がかかります

ネット+電話の契約で工事費が実質0円になります。

では固定電話を使わない方はどうすればよいのか?

また実質0円とは何なのか見ていきましょう。

分かる方はサラッと流して見ていきましょう。

「ネット+工事費」と「ネット+電話+工事費無料」ではどっちがお得なの?

どっちがお得?

ネットは利用するけど固定電話は利用しないという方いると思います。(私の家がそうです)

auひかりの工事費が実質無料になるにはauひかり電話にお申し込みをするという条件があります。

※auひかり電話プランに申し込んで固定電話番号を発行してもらうだけで、固定電話を買う必要はない

固定電話を使う方であれば何も問題ないですが「携帯電話で十分だから固定電話は使わない」という方もいると思います。

そこで「ネット+工事費」と「ネット+電話+工事費無料」ではどっちがお得なのか計算していきたいと思います。

戸建てタイプとマンションタイプそれぞれ見ていきましょう。

戸建てタイプ

戸建てタイプネット+工事費ネット+電話+工事費無料
月額5,100円+625円=5,725円5,600円

ネットと工事費合わせて月額5,725円、ネット+電話のプランだと月額5,600円。

上記の計算により固定電話を使わない方でも電話プランに加入した方が月額125円安くなります。

年間では125円×12ヵ月=1,500円も差が出てきます。

工事費は6年間にわたって引かれ続けるので

1,500円×6年=9,000円

6年間でトータル9,000円も変わってきます。

ただし、7年目以降は工事費が無くなるので「ネットのみ」の方が月額500円安くなります

6年目までは固定電話ありの5,600円プランで利用し、7年目以降は5,100円ネットのみのプランで利用するのがお得です。

※プランは月単位で変更ができます。

マンションタイプ

マンションタイプネット+工事費ネット+電話+工事費無料
月額3,800円+1,250円=5,050円4,300円

上記の図の通りマンションタイプの場合も電話プランに加入した方が安くなります

5,050円-4,300円=750円

月額で750円の差、年間にして9,000円も変わってきます。

マンションタイプの場合、工事費の支払いは2年間なので3年目以降に電話オプションを外すことで最安値になります。

※マンションタイプの場合電話プランあり・なしで750円×2年=18,000円も違いが出てきます

実質0円とは?

落とし穴

工事費が実質0円っていうのは工事費が発生しない訳ではありません。

一瞬どゆこと?って思いますよね。笑

簡単なからくりです。

 

戸建てタイプの場合工事費は毎月625円発生しています。(発生するので明細書にちゃんと工事費625円が記載されています)

そして同額が毎月割引されるのです。(何このめんどくさいシステム)

 

マンションタイプの場合は工事費が月額1,250円×24ヵ月=30,000円発生します。

割引が-1,250円×24ヵ月=-30,000円で実質0円です。

 

マンションタイプは2年契約で、工事費の割引も2年なので、2年後は他の会社へ乗り換えても割引の損はないです。

しかし、戸建てタイプは3年契約で、工事費の割引期間は5年です。

その為、3年目の更新月で解約をすると、残った「2年分の工事費割引」が全て消えてしまいます

工事費割引を全て適応させるにはau光を割引期間の5年使わなければなりません。

更にau光は3年契約なので5年目に他社へ乗り換えすると契約解除料がかかります。(6年目の更新月の解約であれば解除料は0円です。)

長く使ってもらおうと巧みに作られていますよね(笑)

 

では工事費割引も全て適応され、解除料も発生しない2回目の更新月の6年目に乗り換えるのが1番お得だと思いますよね?

結論からいうと×です。2回目の更新月の6年目に乗り換えるのは一番お得ではありません

後述で乗り換えシステムのからくりを全て暴きます。(笑)

最後まで読むとスッキリします。

au光いつ解約するのがお得なの?

日にち

auひかりに乗り換えたとしてその次はいつ乗り換えるのがお得なのか全て計算します。

戸建てタイプとマンションタイプそれぞれ分けて計算していきます。

戸建てタイプ

戸建てタイプの契約は3年更新、工事費の割引が5年、2回目の更新月が6年になります。

1年目、2年目、3年目、4年目、5年目、6年目、それぞれで解約した場合に発生する金額を全て計算していきます。

図だけを見ても意味不明で気持ち悪い方は下の結論の所を見て下さい

利用する年数1年利用2年利用3年利用4年利用5年利用6年利用
基本使用料【1年目の使用料】5,600円×12ヵ月=67,200円【1年目の使用料】67,200円

【2年目の使用料】5,500円×12ヵ月=66,000円

【1年目の使用料】6,290円×12ヵ月=75,480円

【2年目の使用料】6,190円×12ヵ月=74,280円

【3年目の使用料】6,090円×12ヵ月=73,080円

【1年目の使用料】75,480円

【2年目の使用料】74,280円

【3年目の使用料】73,080円

【4年目の使用料】5,400円×12ヵ月=64,800円

【1年目の使用料】75,480円

【2年目の使用料】74,280円

【3年目の使用料】73,080円

【4年目の使用料】64,800円

【5年目の使用料】64,800円

【1年目の使用料】75,480円

【2年目の使用料】74,280円

【3年目の使用料】73,080円

【4年目の使用料】64,800円

【5年目の使用料】64,800円

【6年目の使用料】4,900円×12ヵ月=58,800円

工事費625円×48ヵ月=30,000円625円×36ヵ月=22,500円625円×24ヵ月=15,000円625円×12ヵ月=7,500円0円0円
解除料15,000円15,000円0円15,000円15,000円0円
貰えるキャッシュバック1と4合わせて66,000円1と4合わせて66,000円121,000円121,000円121,000円121,000円
全支出-キャッシュバック=46,200円104,700円116,840円189,140円246,440円290,240円
1ヵ月換算46,200円÷12ヵ月=3,850円104,700円÷24ヵ月=4,362円116,840円÷36ヵ月=3,245円189,140円÷48ヵ月=3,940円246,440円÷60ヵ月=4,107円290,240円÷72ヵ月=4,031円

※工事費が無料になる方がトータル料金が安くなることは上記で証明しましたので電話プラン込みで計算します。

※更に3年目以降に解約するパターンでは電話オプションパックEXに加入してキャッシュバックを貰った方がトータル安いので含めて計算します。

※4年間利用する場合4年目以降の基本使用料は電話オプションパックEXを外した5,400円で計算しています。

使用年数1年2年3年4年5年6年
1ヵ月当たり3,850円4,362円3,245円3,940円4,107円4,031円
安い順2位6位1位3位5位4位

上記の図の通り結論auひかりの戸建てタイプは3年間使ってから乗り換えるのが1番お得だということが分かりました。

最も損をする乗り換え年数は2年目でした。

2年目に乗り換えを検討している方はもう一年使ってから乗り換えるだけで得をする計算になります。

マンションタイプ

マンションタイプの場合はとてもシンプルです。

契約が2年更新、工事費の割引も2年です。

利用する年数1年利用2年利用3年利用4年利用
基本使用料【1年目の使用料】4,300円×12ヵ月=51,600円【1年目の使用料】4,990円×12ヵ月=59,880円

【2年目の使用料】4,990円×12ヵ月=59,880円

【1年目の使用料】59,880円

【2年目の使用料】59,880円

【3年目の使用料】3,800円×12ヵ月=45,600円

【1年目の使用料】59,880円

【2年目の使用料】59,880円

【3年目の使用料】45,600円

【4年目の使用料】45,600円

工事費1,250円×12ヵ月=15,000円0円0円0円
解除料7,000円0円7,000円0円
貰えるキャッシュバック1と4合わせて66,000円111,000円111,000円111,000円
全支出-キャッシュバック=7,600円8,760円61,360円99,960円
1ヵ月換算7,600円÷12ヵ月=633円8,760円÷24ヵ月=365円61,360円÷36ヵ月=1,704円99,960円÷48ヵ月=2,082円

マンションタイプの場合最も解約に適しているのは

使用年数1年2年3年4年
1ヵ月当たり633円365円1,704円2,082円
安い順2位1位3位4位

最初の更新月が来る2年目でした。

結論

戸建てタイプもマンションタイプも最初の更新月で他社へ乗り換えるのが最もお得だということが分かりました。

戸建てタイプの更新月・・・・・3年

マンションタイプの更新月・・・2年

 

ただ、乗り換えにはメリットだけでなくデメリットももちろんあります。

乗り換えのメリット&デメリット

メリットデメリット

デメリット

  • アドレスが変わる
  • 工事が面倒くさい
  • 色々調べたり手続きしたり面倒くさい

お家の光回線と一緒に携帯のキャリアも乗り換えする家庭が多いと思います。

元携帯ショップスタッフだからこそ分かるのですが、1回の乗り換えでも相当面倒くさいです。

携帯のキャリアが変わればメールアドレスも変わりますし、各アプリのデータ移行もしなければなりません。

データの移行をしてもらえる店舗であれば良いですが、データ移行をして貰えない店舗で携帯キャリアを変えた場合、自分で全てデータ移行しなければなりません。

何よりもとにかく時間がかかります

家族4人で携帯4台+光回線も変えるとなると早くても半日以上はかかります。

iPadやら他のデバイスも移行したり新しく契約したりすると普通に1日かかります。(スタッフの仕事スピードによっては2日かかることも・・・)

メリット

乗り換えの唯一のメリットはズバリ【利用料金が安くなる】ことです。

あと、回線の速度が早くなる場合があるくらいですね。

これ以外で乗り換える理由は見つかりません。

※以前対応した事のある「高くなってもお前のとこだけは絶対使わねぇ」っていうクレームのお客さんは例外です(笑)

 

今よりも「安く、速く」なるかもしれません。

お見積もりは無料なのでぜひチェックしてみてください↓